忍者ブログ
つらつらと
◆カレンダー◆
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◆フリーエリア◆
koyuminをフォローしましょう
◆最新CM◆
[03/23 こゆみ]
[03/21 関なみ]
[05/24 こゆみ]
[05/24 なみ]
[02/19 こゆみ]
◆最新TB◆
◆プロフィール◆
HN:
こゆみ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
こゆみです
小説家になろうといくつかのサイトで、話を書かせて貰っています(いました^^)違うHNで書いたものも一つに纏められればいいなと思いきってサイトを作ってみました。宜しかったらご贔屓に♪
◆バーコード◆
◆ブログ内検索◆
◆P R◆
◆アクセス解析◆
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]
2017/11/21 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/03/24 (Thu)
こんにちは
東日本を襲った未曾有の大地震。
地震だけでなく津波、そして原発、未だに続く余震、テレビやラジオからその状況を聞く度に胸が詰まります。
しかしながら、私達に伝えられる以上の辛く悲しい現実が現地にはあるのだと思うと同じ日本に住んでいながら微力な事しか出来ない自分のやるせなさを痛感しています。
しかしながら個人で出来る事は小さな事かもしれないけれど、沢山の人が集まればきっと役に立てるそう信じています。
被災された方々へお見舞いそしてお悔やみを申し上げます。

今現在も親族や友人の安否が不明な人が大勢いらっしゃると思います。
張りつめた気持ちが続き、今後に不安を抱え、それでも前に進まなくてはという心情なのでしょうか。
「こんな時こそ笑いを」と言う方々がいらしゃいますが、それは被災された人でないと解らないのじゃないかなとも思うのですよね。
笑うのは少し先ではないかな。
でも、笑顔は必要だと思うのです。
笑いと笑顔は似ているようでちょっと違うと思うのですよね。
笑おうと思って笑うのではなく、気がついたら笑っていた。
そうなるのには少し時間が必要じゃないのかな。

学校へ行っていて助かった児童が大勢いると聞いて安堵する一方、親を亡くしてしまった子どもの多い事を知りました。
今は物資も電力も十分でなく、生きる為に最低限なものしかない状況もあるかもしれない。
一段落ついた後の子どもの心が心配です。
十分なケアがないとPTSDなど、心理的負担を抱えながら生きていかねばならないかもしれない。
復興は大事な事。
街並みは復旧しても、心の傷が癒えるのは大変な事だと思います。

みんなが一丸となって東北の為に太平洋側沿岸の人達の為に頑張らないとですよね。




拍手

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]